獣医

 

涙焼けは別名流涙症とも言い、目の周りが変色したりただれたり、目やにが出たりする病気です。愛犬に起こりやすいこの病気を予防、改善するためには、どのようなドッグフードを選べば良いのでしょうか。

 

涙焼けとは

 

涙焼けは流涙症とも言われており、目の周りが赤茶色や茶色に変色したり、ただれた状態になることを言います。これは涙が過剰に排出されたり、または、涙が正常に排出されていないなどの理由が考えられます。そのままにしておくと雑菌が混入・繁殖し、炎症を起こしたり重篤な感染症を引き起こす可能性もありますので、注意が必要です。

 

目と鼻、が繋がっているという構造からなる病気のため、チワワやマルチーズ、パピヨン、プードル、ポメラニアン、シーズー、パグなど、目が大きく鼻が短いタイプの犬種に多いと言われています。

 

涙焼けの原因は?

 

涙焼けが起こる原因には涙が多く出過ぎる場合と、涙がうまく排出されない場合の2パターンがあります。多く出過ぎている場合は、目の周りの毛が刺激となっている可能性や、結膜炎などの眼病などがあります。うまく排出されてない場合は、鼻涙管になんらかのトラブルが起きている可能性が高いと言われています。鼻の短い犬種の場合は後者の原因が多く、治療の必要がある場合もあります。

 

どのようなドッグフードを選べば良いのか

 

食事による涙焼けの改善の可能性は高いと言われています。毎日の食事によって引き起こされてしまう場合もあるからです。ビーフジャーキーのような乾燥肉、添加物の入った食事、おやつ、カロリーの高いものなどは、鼻涙管を詰まらせる原因にもなると言われているため、避けた方が良いでしょう。

 

穀物などの食物性タンパク質は犬にとって消化しにくい成分のため、良質な肉や魚メインのドッグフードに変えましょう。保存料や添加物の少ない穀物フリーのドッグフードがおすすめです。

 

愛犬の年齢にドッグフード選びをしたい方は「愛犬の年齢別ドッグフードの選び方」が参考になります。